歯科衛生士の資格の情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

歯科衛生士という資格について

歯科衛生士になるには、まず高校を卒業後、専門学校において3年以上の期間、知識と技術を身につける必要があります。この専門学校を卒業することで、国家試験を受ける受験資格を得ることができます。3年間の学習のうち、1年目は講義が中心になります。2年目、3年目には、臨床に基づいた技術研修を多く学びことになります。衛生士の仕事は、大きく分けて3つあり、歯垢や歯石を除去する予防処置、歯磨き指導などの保険指導、医師の診療のサポートをする診療補助などがあります。歯科衛生士には、チーム医療を支える知識と技術力が必要です。

衛生士の専門学校について

歯科衛生士を志したなら、高校卒業後に条件を満たす短大や大学および専門学校で3年以上の教育をうけ、国家試験の受験資格を得ます。そして毎年3月に行われている国家試験に合格すると衛生士の免許証が交付されるのです。その3年間の間に、医療人としての基礎学習、実践を想定した臨床基礎実習、幼稚園や学校などでの臨地実習などを通して歯科衛生士に必要な技術や知識を身につけていくのです。収入も求人も安定しており、産後復帰もしやすいことから女性にも人気の職業ですが、学習する過程は非常に多く、この仕事に対してやりがいを感じられなければ相当大変でしょう。